トップ  > つしまドンナの活動  > 対馬視察旅行2016~前編~

対馬視察旅行2016~前編~

 『女性のチカラで対馬をアゲる⤴⤴』をコンセプトに活動しているつしまドンナ⤴⤴

3月12日(土)・13日(日)の1泊2日で対馬視察旅行をしました。7名が参加。
対馬空港到着後あそうベイパークで対州馬見学。対馬に馬がいること、絶滅が危惧されていて総馬数が現在全島で30頭前後になっていることを知り、皆さん対州馬に興味津々!!
餌をやったり、触ったりして対州馬と触れ合いました。
古くから竜宮伝説が残されている和多都美神社では、神社や鳥居を見学。
お参りをして奥にある豊玉姫のお墓にも行き、神秘的な雰囲気に皆さん感動していました。
烏帽子岳展望所、ここは360度対馬を展望できる場所で階段を登るのは少し大変ですが、素敵な景色が待っています。
『空気が良い』・『こっちが福岡で、こっちが韓国?』と声が飛び交い、記念にハイポーズ!
昼食は豊玉町にある「あなご亭」でいただきます。
あなごおまかせコースを注文し、出てくる料理はあなご尽くしで皆さん満足していました。
お腹一杯になり、向かった先は・・・厳原町豆酘
シイタケ収穫体験。数日の天候によりシイタケの出が悪く少し小さめでしたが、皆さん真剣に探して収穫していました。
今日の宿泊先  民泊 ごんどうへ
つしまドンナ⤴⤴の到着を待っていた民泊 ごんどうのお父さん、お母さんが温かく迎えてくれて、玄関先で七輪の準備までしていただきシイタケとカタ貝を焼いて食べます。
『こんな新鮮で海の味がする貝は初めて!美味しい。』、『シイタケの食感がたまらない』と皆さん楽しみました。
郷土料理づくりでは、民泊 ごんどうのお母さんが「いりやき(魚:ぶり)」を説明しながら作ります。皆さん魚や野菜を入れるタイミング、味付け方など見て質問しながら対馬の郷土料理を体験していました。
そして待ちに待った夕食!食卓に並んだのは、いりやき(ぶり)、ぶり、いかの刺身、さざえの壺焼き、ひじきの煮つけ、大根の酢物、いも・シイタケの天ぷら。

対馬ならではのおもてなしに つしまドンナ⤴⤴の皆さんは、『実家に帰った気分』、『落ち着く』と食べて、飲んで盛り上がり楽しい夜を過ごしていました。
そして・・・後編へ続く~
at 2016/04/07 00:00:00